モビットで借りる前に、申し込みや審査のポイント、返済についてをしっかりと知っておきましょう。

虚偽内容では悪影響しかない

モビットの審査に通りたいからと、年収や他社での利用状況、或いは勤続年数や雇用形態といった申し込みで重要となる内容を虚偽の記載で入力をしてしまうと、かえって審査に悪影響を与えてしまう場合があります。

そもそも他社の利用状況については信用情報機関への照会を行えば全て分かるため、少なく入力をしたところで意味がありません。また、年収や雇用形態に関しても年齢や勤続年数、その他の様々な要素から正しい情報であるかの確認がされるため、嘘は通用しません。

一人二人の審査を行っているわけではなく、これまでに数え切れないほどの数の審査を行っているモビットは、言わば審査のプロです。虚偽記載が通用するほど歴史は浅くありません。

審査時間が余計にかかる

審査の結果がOKとなるとしても、虚偽の記載や間違った入力内容での申し込みは、審査時間が余計にかかる原因にもなります。正しい情報でしっかりと審査や契約を行わなければならないので、間違っていると思われる情報については確認が必要となります。

入力内容の確認に関しては主に電話で行われ、ミス無く進められれば電話なしとなるWeb完結での手続きであっても、申し込み内容に間違いや不明な点があれば、電話がかかってきます。

もちろん内容の確認で会社に連絡が入るわけではありませんが、携帯電話にかかってくるモビットからの電話に出れない気付かないとなると、その分だけ審査が後回しになってしまい、結果の連絡も遅くなります。

正しくしっかりと確認をして申し込みをしていれば間に合ったかもしれない即日融資も、ミスによる確認で手間取ってしまうと、翌営業日以降の扱いとなってしまう場合もあるのです。

モビットの即日融資は、審査の結果によってはご希望に添えない場合もありますが、14:50までの振り込み融資手続きの完了が条件となります。限られた時間内で手続きを終えなければならないので、虚偽の記載をしないのはもちろんですが、ミスもないように入力を進めてください。

モビット情報 TOP

トップへ戻る