モビットで借りる前に、申し込みや審査のポイント、返済についてをしっかりと知っておきましょう。

学生でもモビットは利用可能

学生がお金を借りるとなると学生ローンしか選択肢がないと思われがちですが、モビットでも利用条件さえ満たせば学生でもキャッシングの利用が可能です。

利用条件は学生だからと特別なものとなっているわけではなく、学生が利用をするためには年齢が満20歳以上、アルバイトによる安定した収入が必要としています。学生以外でもモビットは満20歳~69歳の安定した収入をお持ちの方を対象としているので、学生だからと変わった条件が設けられているわけではありません。

親権者の同意は不要

学生が借りるとはいっても、モビットでは利用にあたって親権者の同意等は特に必要としていません。自身の収入や信用情報を元にして審査が行われ、返済ができると判断されればお金が借りられるようになります。

あくまで満20歳以上のアルバイトによる安定収入を得ている学生の方に限られるため、借り入れにしても返済にしても、全て自分自身の判断で自己責任で行うこととなります。学生は何かとお金もかかるものですが、返済をしっかりと考えて無理のない範囲で借りるようにしなければなりません。

限度額は大きくならない

学生がキャッシングを利用する場合には、限度額は大きくならないのが一般的です。審査の結果によって変わりますが、学生が借りる場合には5万円~10万円程度の限度額設定となることが多いとされています。

限度額が大きくならなければ金利は上限の適用となり、モビットの金利は実質年率で3.0%~18.0%となるため、5万円~10万円の限度額では18.0%の実質年率での契約となる場合がほとんどです。

下限金利ばかりを見ていると返済の計画も崩れていきますので、学生の方がお金を借りるにあたっては、モビットの上限金利である18.0%でのシミュレーションを行い、返済の計画や見通しを立ててください。

モビット情報 TOP

トップへ戻る